太平調剤薬局|岐阜|大垣|多治見|

太平調剤薬局
太平調剤薬局|よくあるご質問
太平調剤薬局としてよく受けるご質問
ある薬剤師の独り言

有限会社 大氣のブログ

回答につきましては、
  ※新しいガイドランに基づいています。
  ※メーカーのHPを参考にしています。
 

<ご注意>
下記の内容に関しましては、患者様個人の体質などにより、
内容が異なる場合がありますので、あくまでも参考程度で見てください。

患者様へのお願い
疑問に思われた時は、リアルタイムにかかりつけ医師、
または薬剤師に質問されることをお勧めします。
安心してお薬を服用していただくためには大切なことです。

< 薬学について >

1日3回は、どのように服用すれば良いですか?食後、食前の指示がない場合です。

薬の保存期間はいつまで良いですか?

薬を飲ませたが、すぐに吐いてしまった。

薬はなぜコップ1杯の水で飲まなければいけないのか?

”とんぷく”って何?

今まではなんとか薬を飲んでくれていたのですが、最近「薬の色」や「味」を覚えてしまい、薬を口からペッと出したり、薬を見せるだけで、嫌がるようになりました。何か良いアドバイスをください。

おくすり服用補助ゼリーは、開封後どれ位で使い切るのですか??

坐薬がうまく入らないのですが、使い方を教えてください。

病院で抗生物質の入った風邪薬が処方されました。現在授乳中なのですが、普段どおりに授乳しながら、薬を服用しても良いのでしょうか?

5日分処方された薬を3日分服用したら症状が良くなりました。もう薬を飲むのをやめてもいいでしょうか?

2〜3日前に家族が風邪に罹って処方された薬が残っていたので、今、同じような症状が出ている私がその薬を飲んでもいいでしょうか?

< 消化器内科について >

ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)が認められランサップ(商品名)という薬が処方されました。この薬はどんな薬なのですか?

胃潰瘍と診断され薬が処方されましたがいつまで飲み続ける必要があるのですか?

胃の薬には何種類かありますが効果は違うのでしょうか?

< 循環器内科について >

血圧はどれくらいが正常なの?

血圧が高いとどうなるの?  どんなことに気を付ければ良いの?

コレステロールが高いままでいると何が悪いのでしょうか?

コレステロールをたくさん含む食品(卵や牛乳)をとらないようにすれば、脂質異常症は治りますか?

< 整形外科について >

痛み止めが処方された時に「この薬は強いのですか」という質問。

ウィークリータイプの骨粗鬆症の薬を飲み忘れたとき、どうしたらいい?お水以外のもので飲んではだめ?

リウマチの治療のために、ステロイド剤を服用しています。ずっと飲んでいても大丈夫?

「温シップ」と「冷シップ」どっちを貼ればいいの?

骨粗鬆症を予防するためにはどんな食事を心掛けたら良いですか?

「痛風」の薬は痛みがなくなっても続けなければいけない?

痛み止めの飲み薬は、胃が悪くなるので飲みたくないのですが、坐薬なら大丈夫?

< 眼科について >

2種類以上の点眼薬が処方の時に「全部同時に点眼してもいいですか」という質問。

点眼薬が処方されたときに、「面倒なのでコンタクトレンズ装着したまま点眼していいですか」という質問。

目薬を差した後、口の中が苦くなるのはなぜですか?

1回に何滴点眼するのが良いですか?

< 耳鼻科について >

花粉症と鼻かぜの違いを教えてください!

アレルギー薬で眠気が少ない薬があるそうですが、全く眠くならないのでしょうか?

< 神経内科について >

睡眠導入薬が処方された時に「この薬は強いのですか」という質問。

睡眠薬を飲んでいるのになかなか寝付けないことがあるが良い方法は?

< 婦人科について >

更年期障害のような症状が、出始めているけれど、ホルモン剤って飲んだほうがいいのかしら?副作用も心配・・・

< 小児科について >

上の子でホクナリンテープの余りがあります。
下の子が咳をしているので、使いたいですが、良いですか?どの位の大きさに切れば良いのですか?

湿疹やオムツかぶれで、ステロイド軟膏と、ワセリンの2種類の軟膏が出ていますが、どちらを先に使えば良いですか。使い方を教えてください。

< 皮膚科について >

外用ステロイドの「軟膏」と「クリーム」というのは、どのように違うのですか?

< 糖尿病について >

血糖値が少し高いので食事を控えるように言われたけどどうすれば良いの?

糖尿病を放置しておくとどうなるの?

< ジェネリック医薬品について >

ジェネリック医薬品の変更について聞かせてください。


1日3回は、どのように服用すれば良いですか?食後、食前の指示がない場合です。

起きている時間に3等分にして服用してください。例えば、朝・昼・夕や起床時、昼、寝る前などでも良いです。


薬の保存期間はいつまで良いですか?

散剤は基本一ヶ月以内。一ヶ月以内でも湿気っていれば、ダメです。
薬が余っていても、また、前回と症状が似ていても、全く違う病気かもしれない為、受診をお勧めします。安心で安全です。
坐薬は基本調剤日より六ヶ月まで。
理由は、六ヶ月後くらいには、体重が増えている為、薬物濃度が、治療域まで達成しないし、前回と症状が似ていても、違う病気かもしれない為、受診されたほうが、安心で安全です。
シロップは二週間以内。
雑菌の混入、繁殖など衛生面において、冷所保存でも、2週間までです。ただ、前回と症状が似ていても、違う病気かもしれない為、受診をお勧めします。安心で安全です。
仮に、服用したい場合は、医療機関様に電話して聞いてからにしていただきたいです。


薬を飲ませたが、すぐに吐いてしまった。

吐いても、一回服用したことにして、すぐに二度目は服用させない。
すぐに吐いたとしても、一回体内に入っていて、薬のどれだけを吐いたか分からない為、過量投与になる恐れがあり、再度の服用はさせない方が、安全である。
次の服用時点に服用する。


薬はなぜコップ1杯の水で飲まなければいけないのか?

薬が吸収されて効くには十分に溶けている必要があり、きちんと胃の中まで流し込むためにも十分の水が必要です。
一般的な飲み薬はコップ1杯(200mL)程度の水で飲むとちょうど良いように作られています。
胃を傷めやすい薬でも多目の水で飲むと胃が保護されます。水なしで飲んだり水が少ないと効き目が悪くなったり喉や食道の粘膜を傷めることがあります。
ただし、薬によっては水なしで服用してもまったく心配がなく、水なしで口の中ですぐに溶けるように作られている薬もあります。


”とんぷく”って何?

とんぷく(頓服)とは、症状が出たときだけ服用するという意味の言葉です。
発熱時(高熱が出たとき)、疼痛時(痛みの出たとき)、便秘時、眠れないときなど、1日3回とか、食後とか決められた時ではなく、症状が出て必要になったときに飲む薬の総称です。
しかし、効き目が見られないからと言って、症状が出たら何度でも飲んで良いと考えるのは間違いです。
一日に何回まで飲んでも良いか?最低何時間空ければよいか?などについては、薬によっても、症状によっても異なってきます。詳しい飲み方については、その都度、医師や薬剤師に確認することをお勧めします。

    

今まではなんとか薬を飲んでくれていたのですが、最近「薬の色」や「味」を覚えてしまい、薬を口からペッと出したり、薬を見せるだけで、嫌がるようになりました。何か良いアドバイスをください。

「おくすり服用補助ゼリー」を試してみてください。ゼリーが薬の苦味やにおいを包み込んで、つるりと飲み込むことができます。
例えば、「おくすり飲めたね」シリーズの1回1本スティックタイプのぶどう味は、お薬の色を見えにくくするのでお勧めします。
(ただし、離乳中期のお子様からご使用下さい。)
おくすり服用補助ゼリーは、砂糖不使用、無果汁だから薬の作用をジャマせず、薬を安全に飲ませられます。散剤(粉薬)に限らず、カプセル、錠剤でも大丈夫です。

    

おくすり服用補助ゼリーは、開封後どの位で使い切るのですか??

物によって違いますが、当店で扱っているものでは、「おくすり服用ゼリー(りんご味)」は、冷蔵庫保存で開封後1週間以内。
「おくすり飲めたねゼリー(チョコレート味)」は、冷蔵庫保存で開封後3日以内です。
おすすめとして、最近使いきりのスティックタイプのおくすり飲めたねゼリーがあります。これでしたら、期限を気にしなくても良いですね。

    

坐薬がうまく入らないのですが、使い方を教えてください。

坐薬を使うときはまず手を洗います。挿入時の刺激で坐薬が排出されてしまうことを防ぐため、便秘時用の坐薬以外はできるだけ排便をすませた後に挿入します。
@ティッシュペパーなどで坐薬をつまみ、先のとがった方から肛門の奥まで入れます。
(指の第一関節が入るくらい)
A中腰になって坐薬を差し込んだ後、しばらく動かず、ゆっくり立ち上がれば自然に肛門内におさまります。
 
小児の場合
おむつをかえる体勢にし、坐薬をオリーブ油やベビーオイルでぬらしてから先のとがった方から挿入し、1〜2分間肛門をテイュシュで押さえてあげてください。
 
もし、入れた坐薬が外に出てしまった場合は・・・
入れた坐薬がすぐにでてしまったら、もう一度挿入してください。
(坐薬の大きさ・形をみて、坐薬が溶けてないことを確認してください)
一般的には、挿入して30分以上経ってから出てしまった場合は、薬が吸収されていることが考えられますので4〜6時間様子をみるように指導をすることが多いですが、坐薬が処方された際は、必ずかかりつけの医師・薬剤師にその辺りの危惧を確認してください。
 
1回に、1/2個や2/3個使うよう指示されている場合は・・・
清潔なはさみやカッターナイフなどを用い、先のとがった方は残して、包装の上から指示されている分量に切ってください。

    

病院で抗生物質の入った風邪薬が処方されました。現在授乳中なのですが、普段どおりに授乳しながら、薬を服用しても良いのでしょうか?

まずは医師に授乳中であることを知らせてください。
受診時にお話していれば、それを考慮した上で治療が必要な場合、医師は比較的安全と考えられるお薬を処方されます。ですから、医師の指示通りに服用することをお勧めします。
それでも気になる場合は、お薬を飲む直前に授乳をするとよいでしょう。飲むお薬にもよりますが、お薬を飲む直前というのは、体の中のお薬の量が一番少ない時間帯ですので、母乳に出てしまうお薬の量を最も少なくできます。
また、可能でしたら「搾乳」して専用パックに入れて凍結保存しておく方法もいいでしょう。母乳は1週間以内であればー10℃程度(家庭の冷凍庫)でも安全に保存できます。服用直後に授乳が必要になった場合などに、保存しておいた母乳を使用することができます。
いずれにせよ、必ず授乳中であることを医師に伝え、医師の判断の元、服用するようにしてください。

    

5日分処方された薬を3日分服用したら症状が良くなりました。もう薬を飲むのをやめてもいいでしょうか?

原則として、処方されたお薬は、体調が回復したとしても、日数分はキチンと飲みきってください。
特に抗生剤や抗ウィルス薬などは、体内に存在しうる病原菌を完全に退治させるために必要な日数を医師は判断して処方されていますので、必ず飲みきってください。

    

2〜3日前に家族が風邪に罹って処方された薬が残っていたので、今、同じような症状が出ている私がその薬を飲んでもいいでしょうか?

良くないです!
たとえ同じような症状が出ていても、必ずしも同じ病気であるとは限りません。医師は、個々に症状と体調を診て判断してお薬を処方されるので、家族に出されたお薬はその方専用の薬と思ってください。
自己判断でお薬を飲むことは危険です!
必ず受診をして、自分専用のお薬を処方してもらい、服用してください。


ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)が認められランサップ(商品名)という薬が処方されました。この薬はどんな薬なのですか?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、攻撃因子(ストレス、アルコール、胃酸など)と防御因子(胃粘液、粘膜血流など)のバランスが崩れる事によって発症すると考えられていました。
しかし、近年、ピロリ菌という特殊な細菌も有力な原因の一つであることが明らかになり、ピロリ菌を除菌することで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発を著しく抑える事ができるようになりました。
 
ピロリ感染症の治療のため使用されるランサップは、胃酸の分泌を抑制する事により抗生剤の抗菌作用を高めるタケプロンカプセルと、ピロリ菌に対し抗菌作用を示すクラリス錠、アモリンカプセルの3種類が1つのシートに入っており、一週間服用する事で、8〜9割の方は除菌に成功すると報告されています。


胃潰瘍と診断され薬が処方されましたがいつまで飲み続ける必要があるのですか?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、攻撃因子(ストレス、アルコール、胃酸など)と防御因子(胃粘液、粘膜血流など)のバランスが崩れる事によって発症すると考えられていました。
しかし、近年、ピロリ菌という特治療薬の服用は、潰瘍が治癒するまで根気強く続ける必要があります。一度できた胃潰瘍が完全に治るまでには時間がかかります。潰瘍が治ってないうちに治療をやめると、すぐに再発する事が少なくありません。胃の痛みなどの症状がなくなった後も、医師の指示に従って服薬を続ける事が大切です。


胃の薬には何種類かありますが効果は違うのでしょうか?

一口に胃の薬といっても、その種類はいろいろなものがあります。健胃薬、消化薬、制酸薬、胃粘膜保護薬、鎮痙薬などの作用をもったものがあります。
処方箋の胃の薬は、患者様の症状に合わせて薬が処方されています。


血圧はどれくらいが正常なの?

目標とする血圧は年齢や合併症によっても違います。
 
    若年・中年者→130/85mmHg未満(家庭血圧 125/80mmHg未満)
    高齢者→140/90mmHg未満(家庭血圧 135/85mmHg未満)
    糖尿病患者・腎障害患者・心筋梗塞後患者
        →130/80mmHg未満(家庭血圧 125/75mmHg未満)
    脳血管障害患者→140/90mmHg(家庭血圧 135/85mmHg未満)
 
血圧の管理は自宅での測定が必要です。
医療機関での測定は家庭血圧より5mmHg高い数値と思ってください。
さあ、深呼吸をして 気持ちを楽にして血圧測定をしてくださいね。


血圧が高いとどうなるの?どんなことに気を付ければ良いの?

血圧が長期間高い状態が続くと脳や心臓、腎臓の血管を傷つけ、
脳卒中、心臓発作、腎不全などの恐ろしい病気を招くことがあるので血圧をコントロールすることはとても大切です。
塩分制限、適度な運動、禁煙、節酒などの生活習慣の改善をし、睡眠、休養をしっかりとりストレスをためないようにしましょう。また寒いと血圧が上がるので入浴の際は脱衣所、浴室は暖かくし温度差を小さくし、熱いお風呂は避けましょう。肥満は血圧を上げ、心臓に負担をかけます。食べ過ぎによるカロリーオーバーに注意しましょう。


コレステロールが高いままでいると何が悪いのでしょうか?

コレステロールが高いと心臓病や脳卒中の発症率が高くなります。
以前は高コレステロール血症は中年以降の男性や、閉経後の女性で多いとされていましたが、最近では食生活の欧米化で若年者でも増えています。
自覚症状がなくても定期的に血液検査を受け、治療が必要な場合は医師の指示に従いましょう。


コレステロールをたくさん含む食品(卵や牛乳)をとらないようにすれば、脂質異常症は治りますか?

脂質異常症の患者さんは、食事療法の第一段階として、食事からとるコレステロールの量を1日300mg以下に抑えることが勧められます。
卵1個で250mgです。卵を食べる時は、1回にまるごと1個食べないようにしましょう。
また、油を使った料理や肉類は控えめにしましょう。魚、貝、エビ、イカのコレステロールはそれほど心配いりません。
食物繊維はコレステロールを減らしてくれるので食物繊維の多い野菜、海藻、こんにゃく等は積極的に摂りましょう。
脂質異常症は単純に食事からのコレステロールのとり過ぎだけでなく、遺伝によって受け継いだ脂質異常症になりやすい体質や、運動不足、肥満なども関係しているため、食事だけに注意しても、脂質異常症を治すことは難しいです。
医師の指導に従い、適正な摂取エネルギーの範囲内で、栄養バランスのとれた食事をとるようにしながら、運動療法や、必要に応じて薬による治療も行うことが大切です。


痛み止めが処方された時に「この薬は強いのですか」という質問。

痛み止め(抗炎症剤)の強弱は、服用する方の個人差もあることで、簡単に決めることはできません。診察された医師が、痛みの起きている原因、痛みの場所、痛みの頻度、強さなどを総合的に判断し、たくさんの薬の中から、その方に一番適した薬が選択されます。それ以外にも内科的な疾患をも考慮に入れて、薬が決定されることもあるので、現在服用している薬の効果について、疑問があれば、診察時に医師に尋ねることをお勧めします


ウィークリータイプの骨粗鬆症の薬を飲み忘れたとき、どうしたらいい?お水以外のもので飲んではだめ?

骨粗鬆症のお薬は、基本的に長期間服用するお薬ですので、1回くらい飲み忘れても特に問題はありません。たとえば月曜日に服用し忘れたら、思い出した日の朝食前の空腹時に服用して、次回は、又、月曜日に服用すれば良いでしょう。ただし、一週間服用を忘れたからといって、2週分2錠いっぺんに飲むことは避けてください。忘れた週は服用中止して1錠だけ服用すれば良いでしょう。このお薬は、お茶や牛乳、ジュースなどと一緒に服用するとお薬の吸収が妨げられますのでお水か、ぬるま湯で飲んでください。又、胃の中に水以外のものがあると、お薬の吸収が悪くなりますので薬を服用した後30分間は飲食や、他の薬の服用は避けてください。


リウマチの治療のために、ステロイド剤を服用しています。ずっと飲んでいても大丈夫?

ステロイド剤は、炎症を抑え、痛みや腫れを緩和する効果の強いお薬ですが長期間服用することで、骨粗しょう症などの副作用がおきやすいことも実証されています。副作用の発生率は、年齢、性別などによっても異なりますし、必ずおきるわけではありません。治療上の必要があって処方されている薬ですので、勝手に中止したりせず、副作用を最小限に抑え、かつ、治療効果を得られるよう、医師とよく相談することが必要でしょう。


「温シップ」と「冷シップ」どっちを貼ればいいの?

結論から言えば、どちらでもお好きなほうを、ということです。
温シップは温かさを感じるトウガラシ成分、冷シップは冷たさを感じるメントール成分が配合されていますが、どちらも筋肉や関節の温度を変化させるほどの効果はありません。
配合されている炎症を抑え、痛みをとる成分が皮膚から吸収されることで効果が出ます。
しかし、打撲、捻挫などの急性期の炎症には、冷シップが適しているといえるでしょう。


骨粗鬆症を予防するためにはどんな食事を心掛けたら良いですか?

骨粗鬆症を予防するための食生活で大切なのは、カルシウムを積極的にとることです。カルシウム摂取目標量は1日平均800mgとされています。実際は約530mgが平均ですので、毎日の食事に200〜250mgカルシウムをプラスすることが望ましいです。
カルシウムは牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、小魚、海藻類、野菜などに多く含まれています。
(牛乳カップ1杯 220mg、木綿豆腐1/2丁 180mg、ひじき1鉢 140mg、コマツナ1人前 105mg)
 一方、食塩やリンをとりすぎると、カルシウムが尿に出てしまいます。リンを多く含むインスタント食品のとりすぎに注意しましょう。
 また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや,カルシウムの排泄を抑えるビタミンKも積極的にとることが大切です。
(ビタミンDが豊富な食品:サケ、サンマ、キクラゲ、干ししいたけ、かつおなど、ビタミンKが豊富な食品:納豆、ブロッコリー、ほうれん草など)
参考にしてください。
栄養士さんによる栄養指導されている医療機関もありますよ。


「痛風」の薬は痛みがなくなっても続けなければいけない?

痛風発作は、消炎鎮痛剤の服用により、通常3〜7日程度で鎮まるのですが、そこで治療を中止してしまうと、又すぐに、痛風発作の再発を招くことがよくあります。
今後、痛風発作を防ぐには、関節内部の尿酸を完全に消失させる必要があります。どのくらいの期間が必要かは、その方の高尿酸血症の程度とその持続期間によっても違います。尿酸値を6.0mg/dl以下に1年間維持しても、約半数の患者さんにまだ尿酸結晶が認められたとの報告もあります。薬の中断時期は、主治医とよく相談の上で決めることが大切です。
勝手な中断は、再発の近道ですよ。


痛み止めの飲み薬は、胃が悪くなるので飲みたくないのですが、坐薬なら大丈夫?

内服の非ステロイド消炎鎮痛剤が胃腸障害を起こすのは、胃粘膜に対する直接作用と、血液中に吸収された成分による作用の2つによります。
坐薬には、胃粘膜に対する作用はありませんが、吸収された成分による作用はありますので、胃腸障害が全くないわけではありません。
又、坐薬は、直接肛門に挿入しますので、直腸粘膜に対する直接作用がありますので、使用には十分な注意が必要でしょう。


2種類以上の点眼薬が処方の時に「全部同時に点眼してもいいですか」という質問。

一般に、最初に点眼した薬物は後に点眼した液によって洗い流されます。このため個々の点眼液が他の点眼液の影響を受けない点眼間隔は5分程度とされています。
よって、点眼液が2種類以上あるときは後の点眼液は5分以上開けてから点眼してください。
あえて点眼順序をつけると以下のようになります。
1.特に医師の指示が出ている場合はその指示に従いましょう。
2.原則として、よく効かせたい点眼液を後に点眼します。
3.懸濁性点眼液は水に溶けにくく吸収されにくいものもあり、後に点眼します。
4.点眼液と眼軟膏の併用では、眼軟膏は水性点眼液をはじくので、後から点入します。
5.点眼後にゲル化する点眼液(緑内障治療薬など)は、後か点眼しましょう。


点眼薬が処方されたときに、「面倒なのでコンタクトレンズ装着したまま点眼していいですか」という質問。

コンタクトレンズ装着上からの点眼に注意しなければならない理由として、点眼液に含まれる等張化剤や防腐剤がコンタクトレンズ内に吸着・滞留して、徐々に角膜上に放出され、持続的に角膜の傷害が起こる可能性があるからです。よって、コンタクトレンズ装着上からの点眼の可否については、まず主治医の指示を最優先にしましょう。主治医は患者様の眼の状態および治療のコンプライアンスを考えて判断されますので、その指示に従いましょう。
主治医の指示がない場合は、原則的にハードコンタクトレンズ(酸素透過性を含む)、ソフトコンタクトレンズのいずれの場合も外して点眼し、10分以上経ってから再装着するようにしましょう。 なお、病態によっては、コンタクトレンズと点眼液の相互作用とは無関係に、治療中のコンタクトレンズ装着を避けた方がよい場合もあります。具体的には、結膜炎や感染性眼疾患などであり、これらの疾患ではコンタクトレンズの装着自体が病状を悪化させたり、治癒を遅らせる原因になります。


目薬を差した後、口の中が苦くなるのはなぜですか?

点眼後まばたきをされたのではないでしょうか??
まばたきは、ポンプの作用をしますので、目薬を差すと、薬液は眼の表面やまぶたを濡らしながら目頭に集まり、涙点から鼻、その後喉へ流れていきます。その結果、口の中が苦く感じたと思われます。
点眼後、1分くらい目を閉じるか、目頭をそっとおさえておくと良いでしょう。
まばたき禁止です。
そうすることで目と点眼薬の接触時間が長くなり、鼻への流出を止め、全身への移行を予防することができます。この方法で点眼すれば、口の中は苦くならないですよ。


1回に何滴点眼するのが良いですか?

目の中におさまる点眼液は、1回に1滴で十分です。
それ以上の液はあふれ出てしまう為、目に対する効果は変わりません。つまり、目の中におさまる点眼液の量は1滴なのです。
余談ですが、まれに肌の弱い方は余分にあふれ出た目薬の中に含まれる防腐剤などによって、目のまわりが荒れてしまった方も聞きます。
ただし、目に確実に入れたかどうか自信がない場合は追加してください。


花粉症と鼻かぜの違いを教えてください!

花粉症と鼻かぜの症状はよく似ているのですが、花粉症の場合には、水っぽいサラサラした鼻水が長く続いたり、鼻や眼の痒みがある場合が多いと言われています。それと、くしゃみが始まると1〜2回では治まらず、何回も続くのが特徴です。
鼻かぜの場合も、水のような鼻水が出ますが、2〜3日で治まるか、だんだん鼻水に粘り気が出てきますし、特に長引いた場合には、発熱や咳などの他のかぜの症状が出ますので、症状からある程度は判断できます。
しかし、自己判断せずに必ず受診することをお勧めします。アレルギーが疑われる場合は、アレルギー検査をされ、結果に応じて治療をされます。自分がどのタイプのアレルギーなのか知ることで、正しい治療が受けられ、効果を期待できると思います。


アレルギー薬で眠気が少ない薬があるそうですが、全く眠くならないのでしょうか?

鼻炎などのアレルギーのお薬で眠くなるのは、「ヒスタミン」という物質に関係があります。
このヒスタミンが鼻の粘膜に作用すると鼻水やくしゃみの原因になるので、お薬でその働きを抑えます。また一方で同じヒスタミンが脳の中では意識を集中させる働きをしていて、飲んだお薬の成分が脳の中に入ってそのヒスタミンの働きを抑えると、眠くなってしまうのです。
これに対して、眠気が少ないとされているお薬は、鼻の粘膜には同じように作用しますが、脳の中に入っていきにくい性質を持っています。ですから、眠くなりにくいと考えられていますが、全く眠くならないということではないですので、お薬を飲んだ場合は、車の運転などには注意していただく必要はあると思います。


睡眠導入薬が処方された時に「この薬は強いのですか」という質問。

睡眠薬は「強い弱い」よりもむしろ「作用時間の長短」で比較し、今の症状にあわせて主治医が使い分けて処方しています。「入眠困難」に対しては、超短時間作用型(消失半減期2〜4時間)や短時間作用型(消失半減期6〜10時間)が選択されます。「中途覚醒」や「早朝覚醒」に対しては、中間作用型(消失半減期21時間〜28時間)や長時間作用型(消失半減期36時間〜65時間)が有効とされています。
不眠のパターンが睡眠薬選択の基本情報になりますので、不眠の症状をなるべく正確に主治医に説明することが必要です。


睡眠薬を飲んでいるのになかなか寝付けないことがあるが良い方法は?

よい眠りを得るには日頃の生活習慣を見直し、眠る前はリラックスするなどの工夫も大切です。
・コーヒー等カフェインの入った飲み物は寝る4〜5時間前までにしましょう。
・眠くなるまで床につかないようにしましょう。
・眠るためにアルコールを飲まないようにしましょう。アルコールはかえって睡眠を浅くし、不眠を悪化させる恐れがあります。また、寝酒は慣れが生じやすく、次第に量を増やさないと眠れなくなる場合があるため、寝酒はやめましょう。
・睡眠導入剤は就寝する直前に服用しましょう。
・毎日続けられる運動をし、昼夜のメリハリを付けるようにしましょう。
参考にしてください。


更年期障害のような症状が、出始めているけれど、ホルモン剤って飲んだほうがいいのかしら?副作用も心配・・・

ホルモン補充療法(HRT治療)を行うか、行わないかは、主治医とよく話し合って、自分自身で決定すればよいでしょう。更年期以降に、心身ともに、質の高い生活を送っていくために、必要ならば、積極的に治療を行うことをお勧めします。確かにHRT療法により、子宮体ガン、乳ガンのリスクがわずかに高まるという研究はありますが、定期的に検診を受けながら、治療を進めていけば、むしろ重症化のリスクは下がるとさえ言われています。いずれにしても、お薬の効果、副作用もよく理解して、治療をすすめることが良いでしょう。


上の子でホクナリンテープの余りがあります。
下の子が咳をしているので、使いたいですが、良いですか?どの位の大きさに切れば良いのですか?

基本、薬の使いまわしは止めてください。
処方薬は、オーダーメードです。その子の症状を診て、Drが判断し、処方されています。
その子専用のお薬と考えてください。下の子だから、少なめに加減して使用すれば良いと安易に考えるのは危険です。
逆もまた然りで、下の子のホクナリンテープを上の子に2枚張ったりする事は、危険です。絶対にしないで下さい。
また、咳だけと考えないで、必ず受診をお勧めします。


湿疹やオムツかぶれで、ステロイド軟膏と、ワセリンの2種類の軟膏が出ていますが、どちらを先に使えば良いですか。使い方を教えてください。

用の基本としては、ステロイド軟膏を主に考えてください。
処方箋に、1〜2回塗布と記載してあれば、
1回:お風呂上り
2回:朝着替える時、お風呂上り
ワセリンは、服やオムツなどとの摩擦によって炎症がひどくなったり、乾燥して痒みが増すのを防止し、皮膚を保護するために処方されていますので、ステロイド軟膏を塗るまでの間のスキンケアとして使用してください。
ワセリンの塗布回数は、処方箋の指示を守ってください。


外用ステロイドの「軟膏」と「クリーム」というのは、どのように違うのですか?

軟膏」と「クリーム」は、効果の面ではそれほど大きな違いはありません。
「軟膏」の適応は広く、湿潤した症状にも、乾燥した症状にも使用可能です。皮膚への刺激が最も少なく、患部を保護する効果も期待できます。ただし、油分が多いので、べたつき感があり、塗ったところだけ光って見えるなど、使用感が悪いかも知れません。
一方、「クリーム」は水成分と油成分を界面活性剤で混合させたものなので、べたつき感が少なく、塗った時の伸びが良いなどの使用感に優れています。ただし、乾燥症状にクリームを塗ると、特に冬場などは皮膚の過乾燥を招くことがあります。
一般に「クリーム」は保湿剤としてのイメージが強いかもしれませんが、皮膚を乾燥から守る目的で使用する場合などは、クリームより軟膏のほうが適しているようです。


血糖値が少し高いので食事を控えるように言われたけどどうすれば良いの?

食事は標準体重に基ずいたカロリーに抑えることが必要です。食事内容 は糖質50%、脂肪30%、蛋白質20%とし、繊維分を多く摂りましょう。間食は特別に指示されていない限り避けてください。1日3食規則正しく摂る事が重要です。早食いは禁物です。食事はゆっくりよくかんで食べましょう。喉が渇いた時はジュースではなくお茶、ウーロン茶、麦茶など糖分の入っていない飲みものを選ぶようにしましょう。コーヒー、紅茶は砂糖、ミルクは入れないようにしましょう。医療機関には食事指導をされているところもあります。管理栄養士の先生に食事指導をうけるのも良いかと思います。


糖尿病を放置しておくとどうなるの?

初期には自覚症状はありません。自覚症状が出るのはかなり悪くなってからです。まず、尿量が増え、喉が渇くようになり水分をたくさん取るようになります。だるさを感じ、痩せて行きます。このまま放置しておくと目がかすんだり、物が見えにくくなったり(網膜症)、腎蔵の機能が低下し進行すれば最後には人工透析をしなければならなくなったりします(腎症)。手足の神経に障害を起こし、しびれや痛みが起こります(神経障害)。また、動脈硬化を早くから起こすため、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などが起こりやすくなります。足の血行が悪くなり栄養が届かなくなってしまい組織が破壊される「壊疸」が起こりやすくなります。このような危険を避けるために糖尿病の治療はとても大切です。気になるようでしたら、医療機関の受診をお勧めします。


ジェネリック医薬品の変更について聞かせてください。

ジェネリック医薬品の変更については、現在、処方医の変更不可の印字が無い限り、変更は自由です。よって、患者様の希望に答えることは出来ます。薬は薬局側の責任において選択ができます。また、変更したことを報告することが義務になっています。この一連の手続きをすれば問題はありません。
これは、当薬局の見解ですが、症状が落ち着いているなら、あえて変更することに疑問を感じます。確かに、薬代は安くなりますが、それ以上のリスクがあるとすれば、あえて変更する必要があるのかと考えます。
当薬局は、ジェネリックへの変更を希望する患者様の対応は、現段階はまず、医師に連絡し、相談をしてからジェネリック医薬品への変更をしているのが現状です。