太平調剤薬局|岐阜|大垣|多治見|

太平調剤薬局
太平調剤薬局|わたしたちの仕事
太平調剤薬局のしごと
ある薬剤師の独り言

有限会社 大氣のブログ

太平調剤薬局の仕事は、患者様個々のお薬が
安心・安全・経済性・服用しやすい等を
十分配慮しています。

こんにちは。お世話になっております。
    処方箋、お薬手帳をお預かります。

ジェネリックの希望はありますか?
お薬が余っていることはないですか?

こんな会話でご希望を聞いたり、残薬を確認することから仕事が始まります。
では、薬局での仕事の流れをみていただきましょう。

1.処方箋の受付

患者様から処方せんをいただき、コンピューターに処方内容を入力します。
このときの3つの確認事項
 

◎処方箋発効日を確認します。

処方箋には有効期間があります。
処方箋発行日から4日以内です。
事情があって4日以内に処方せんを薬局にもって行けない時は、
あらかじめ主治医にその旨を伝え、処方せんの有効期日を
記載してもらってください。
 

◎保険番号を確認します。

保険が変わった時は必ず保険証をご提示ください。
正しい保険情報が記載されていないと、お薬代が保険扱いでなく
全額自費になってしまうことがあります。
確認のため、また保険証を見せていただくこともあります。
 

◎処方内容の確認をします。
 (処方監査)←これが薬剤師のメインの仕事です。

処方箋の内容をレセコンに入力している際に、
処方されている薬の量に問題があったり
服用時点に問題があったり
服用日数に問題があったりがたまにあります
その場合は、処方箋発行の医療機関様に電話で問い合わせます。
例え、処方箋の内容が間違っていても、医師の了解なしに処方内容を
変更することはできませんので、問い合わせの返事が来るまでは調剤がストップします。
その場合、少々お待たせしてしまうかもしれませんが、ごめんなさい。
あくまでも、患者様に、お薬を安心してお飲みいただくためには必要であります。
これは、薬剤師の三種の神器であります。
ご了解ください。
 

●初来局の患者さまには、アンケート( 問診票 )をお願いしています。●

事前にお聞きすることによって、処方されている薬が安心して服用できるかどうかを薬局として
確認する参考にしています。

▲当社のアンケートの一例(クリックすると大きく表示されます)

2.調剤を始めます

処方箋に服用時点ごとにお薬を出来るだけまとめ調剤します。
お薬の監査等がしやすいために、薬袋はビニールパックを使用しています。
患者様にもお薬の確認をしていただきやすいかと思います。
 

◎こんな方、お薬が飲みやすいように工夫をしています。

多種の薬が処方されている場合や、
飲み方が複雑な場合、薬の管理が難しくなったら、
1回に飲む薬を1パックにまとめる“一包化”をお勧めします。
但し、医師の了解を必要とします。
更に“一包化”したパックに“朝”“昼”“夕”の印字をしたり、
服用時刻ごとに違う色の線を引いて分かりやすくしたり、
日付けをつけたりして、正しくお薬を飲んでいただけるような
工夫をご相談の上、実施します。
 
・錠剤を飲み込むことが困難な方には、錠剤を粉砕して粉状にします。
・医師の指示によっては、2種類以上の軟膏を混ぜ合わせることもあります。
 
患者様のために調剤工夫に勤めています。お気軽にご相談ください。
アイディアを出させていただきます。

3.調剤監査をします

さて、再度、時間、場所、人(調剤した薬剤師以外)を変えて最終監査です。
くどいと思いますが、くどく、疑いの目を持って行います。
 

・処方せんの記載事項に誤りはないか
・服用方法や、薬の分量は正しいか
・処方されている相互作用に問題はないか
・他病院の薬と飲み合わせて問題はないか
・副作用の可能性はないか
・前回処方と違う点は
・市販薬やサプリメントとの飲み合わせに問題はないか

4.患者様のお薬をお渡しします

当社は、電子薬歴を導入していますので、患者様の薬歴をパソコンから調べられます。
患者様のお薬をお渡しする際に、処方が変更になった点を中心に説明させていただきます。
何に効く薬なのか?
1日に何回飲むのか?
今服用している薬との飲み合わせは大丈夫か?

などを説明いたします。
たまに、
窓口で患者さまにいろいろお尋ねすることがありますが、
薬局では患者様からの情報を頼りに、薬の効果はどうか、
副作用が出ていないか、飲み合わせている薬はないかなどをチェックしています。
安全に、また有効にお薬を使っていただけるためには必要なことでありますので、
ご協力お願いいたします。

 
・口頭での説明した内容の説明書をお渡ししています。
 (薬の名前や効能・注意点が記載してあります)
・ご希望された患者さまには「お薬手帳」をお渡しして、その日処方された薬を
 記入しています。
 どの薬局でも受けられるサービスですので、別の病院からもらった薬も記録され、
 飲み合わせのチェックがしやすくなります。
 
お薬手帳をお持ちの方は処方箋と一緒にお出しください。

・お薬のお渡しミスを防ぐために、患者さまと一緒にお薬の種類、数をチェックしています。
(お薬の顔の確認をお願いします)
・病院で聞きそびれた検査値の意味や、
生活上の不明な点など、薬以外のことについても
できるだけお答えするようにしていますが、
薬剤師が答えたことで
治療にマイナスであってはいけませんので、
患者様の質問内容を医師にお尋ねし、
後日、患者様宅に電話させていただくことをしています。
 
 

疑問を残さないでお薬を服用していただく、それが太平調剤薬局の願いです。
そのために、薬剤師は医療機関様の医師と連携を密にとり、
患者様の薬に対する不安を払拭出来るように頑張る医療職員であります。